俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水しぶき川鵜飛び込む鳥雲に

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大きな川の河口付近で。

最新の添削

「水しぶき川鵜飛び込む鳥雲に」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

うーん「川鵜」も季語なのですが、下五「鳥雲に」ですか?
川鵜は渡らない鳥。「鳥雲に」は渡り鳥が去って見えなくなる風景。
句の情報が大渋滞です。

コメントは「大きな川の河口」なので、川鵜のことを詠んでいるのですかね?

では季語「鳥雲に」でなくてもよいのではないかと・・?
どんな意図でこの季語を使ったのか、句とコメントからは読み取れませんでした。

・悠々と鵜の飛び込みて水しぶき

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

浴衣着て彼のとなりに立つ私

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

青嵐裏の観音すくと立つ

作者名 肥川 稔 回答数 : 0

投稿日時:

残雪や行こか戻ろか遊歩道

作者名 広夢 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水しぶき川鵜飛び込む鳥雲に』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ