俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春中や父を支えてさんぱつ屋

作者 秋雄  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一人では歩けない父を散髪に連れてきて、
今、終わるのを待っています。

最新の添削

「春中や父を支えてさんぱつ屋」の批評

回答者 森本可南

秋雄さん、再訪です。
私の批評が決して正解だとは、自分でも思っていません。
みなさんの批評を読んで、秋雄さんが納得されるものを選んでください。
批評は、様々です。
自分の思い、作者の思い、その他の先輩方の思い。

どれを選ぼうが、自由です。
そして、秋雄さんだけの句を高みへ高みへ伸ばしていってくださいね。😊

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春中や父を支えてさんぱつ屋」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

春なかば父を支えて散髪屋

私は、この句には、詠嘆は、いらないと思うのです。
詠嘆するときって、思いに耽る時が、多いと思うのだけど、この映像は、作者必死になってますよね。そんな、余裕ないと思うんです。
勝手に想像してしまい、すみません。また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

麗らかや杖つく父と散髪へ

回答者 伊勢史朗

句の評価:
★★★★★

どうもこんばんわ。切れ字が詠嘆(感動)と森本可南さんが仰っていますますがそれについて大変疑問に思います。まあ、ある種の都市伝説みたいなもんでしょう。俳句は一度発表してしまえば読者の想像に一任されます。どこで感動したかなんて読者が判断する事で作者が一々教える必要はありませんからねぇ。
ところで御句ですが、作者は「一人で歩けない父親を床屋に連れて行くのは大変なんですよ」と言いたかったのか「一人で歩けない父親の唯一の楽しみが床屋に行く事なんですよ」なのか俳句からもコメントとからも判然としませんでした。よって後者と判断し多少脚色した次第です。どうせなら読者の立場になって読後感の良い方を選択したいですから。もしお気に召さなければさっさ捨て下さいね。
では今宵も御健吟に。

点数: 1

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

「春中や父を支えてさんぱつ屋」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇
春昼や父を支えて散髪に

良いですね。気候も心も暖かく感じます。
ただ、春昼だと思うのですが。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木曽五木銀河に沈み寝まるのみ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

見届けたドーハの奇跡息白し

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

雪富士に心洗われ未来へと

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春中や父を支えてさんぱつ屋』 作者: 秋雄
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ