俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

清月に縁に座りて霜夜かな

作者 くまた  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

きれいな月光に思わず外に出たものの霜夜で寒いなぁと言う句を詠みたかったのですが。
中々難しいと感じました。
よろしくお願いします。

最新の添削

「清月に縁に座りて霜夜かな」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は(*^^*)
かぬまっこと申します。
こんなのはどうでしょうか❔

月光にさそはれ出づる霜夜かな

しかしながら、許される季重なりかどうかは判断しかねます。
でも、寒い夜は月光が冴えて綺麗ですよね✨

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬茜轍の影や波のやふ

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

秋晴や鴟尾のきらりと寺の屋根

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

咳ひとつ母の背擦る月明り

作者名 もんこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『清月に縁に座りて霜夜かな』 作者: くまた
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ