俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

六つ花や落ちてしみ入るアスファルト

作者 やまの はるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

滅多に雪の降ることのないとこで 埃のような雪が舞い 積もらないかなぁとずっと眺めてる

最新の添削

「六つ花や落ちてしみ入るアスファルト」の批評

回答者 こま爺

今日は。

第一印象、「アスファルト」が字数の割には効いていないのでは。

しみ入るは雪に対する比喩としては不自然に思われます。柔らかい雪がアスファルトに染み入るとはいかなる情景か、想像し難いです。素直に消えるで如何でしょうか。

”ひらひらと路面に消える六花かな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「六つ花や落ちてしみ入るアスファルト」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
初心者さんですかね?
それともある程度やってらっしゃる方ですかね?
私の意見は厳しめなので、お気にさわったらスルーしてください。

季語「六花」は「むつのはな」「りっか」という読みはありますが、「むつばな」という読みはないように思います。前例はあるのかもしれませんが(調べた範囲では出てきませんが)、季語の読み方・形を変えるのは季語の季語性を失いがちなので、あまりお勧めできません。
◆「六つ花や」で上五を始めておりますが、後半も同じ雪のことをおっしゃっておりますね。切れ字の「や」があまり効いていないように思いました。

注目しているのが「雪」ではなく「融けてしみ入った状態」なので、やや季語「雪」が弱くなっているようにも思いますが、まずは御句の形を尊重して

・六花落ちてしみ入るアスファルト (六花:むつのはな)

から、少し変化させて「雪」を立たせたいかと・・

・道路へと小雪の落ちて積もらざる
・アスファルト隠すことなき小雪かな

次もお待ちしております。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「六つ花や落ちてしみ入るアスファルト」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは
語順だけこちらの方が良いように思います。

アスファルト落ちて染み入る六の花

アスファルト解けて染み入る六の花

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

矢を射って矢を集めたる春日傘

作者名 下河恵美子 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

納涼はダンスでバコーン踊りけり

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

チューリップ入学式を華やげり

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『六つ花や落ちてしみ入るアスファルト』 作者: やまの はるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ