俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

透き通る空に拡がる渡り鳥

作者 ノブコフ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何度も似たような句ですみません。

腹胃壮さまのご指摘を参考に漂うから拡がるに変えてみました。

まだ俳句をはじめたばかりでシンプルなものしか作れませんが、少しずつ上手くなりたいので皆様のご意見お待ちしております。

最新の添削

「透き通る空に拡がる渡り鳥」の批評

回答者 腹井壮

ノブコフさんこんばんわ。「漂う」という違和感のある言葉を差し替えると秋の空を飛ぶ渡り鳥の説明句になってしまいました。アドバイスした私の力不足です。

鳥渡る明鏡止水の空よ

ここまでが精一杯ですので参考程度に。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

長きこと一人暮らしや春炬燵

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

翔平が負けて秋風うんこ匂

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

大通り滴る山に導きて

作者名 みちのく 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『透き通る空に拡がる渡り鳥』 作者: ノブコフ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ