俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

透き通る空に漂う渡り鳥

作者 ノブコフ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

腹胃壮さま
ご意見ありがとうございます。確かに街ではイメージしにくいですよね。
空にしてみました。こちらではどうでしょうか?みなさまのご意見お待ちしております。

最新の添削

「透き通る空に漂う渡り鳥」の批評

回答者 腹井壮

ノブコフさん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。ノブコフさんはなかなか鋭い方ですね。私は自分の想いを俳句に込める詠みかたが苦手でいつも報道写真に近い句を目指しています。作者の想いを理解するのは難しいと思います。さて、掲句ですが今回は一物に変更ですね。「漂う」が季語としての「渡り鳥」を生かしているのかという疑問があります。言い方を変えればこの動詞一つ次第で大きく変わる句だと思います。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春嵐赤いのぼりは青虫に

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

廃業の食堂ぽつりゑのこ草

作者名 えこ 回答数 : 3

投稿日時:

んのつく根菜食ぶ食ぶる冬至かな

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『透き通る空に漂う渡り鳥』 作者: ノブコフ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ