俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬三日月雲と並びて白き朝

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

佐渡の爺さんにコメント頂き、再投句させてもらいました。冬の月は季語ですね、現実には三日月だったので冬三日月にしました。字余りですが立派に季語ですね。

わざわざ再投句するほどのものかわかりませんが、ご指導に従いがんばってみました。

早朝、三日月と雲の欠片がどちらも白く並んでいたという句です。

よろしくお願いします。

最新の添削

「冬三日月雲と並びて白き朝」の批評

回答者 佐渡

こま爺さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
さっそく推敲されたんですね。下五の白き朝がなんとなくかな?
下五をほの白しとされるのは如何でしょうか?
・冬三日月雲と並びてほの白し
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

窓越しの蜂はかわいそうな蜂

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

露のせる百日紅の花柔らかし

作者名 しゅうこう 回答数 : 3

投稿日時:

少年は角のみ好きや兜虫

作者名 感じ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬三日月雲と並びて白き朝』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ