俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ギャラリーのカフェ朱の落ち葉水面へと

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

京都嵐山の福田美術館に行ってきました。1階のギャラリー1の近くにある施設内のカフェからは渡月橋が見え、中庭の水が流れる段床にある木からは、朱色の落ち葉が散って水面に沈んでいました。とても美しい光景でした。

最新の添削

「ギャラリーのカフェ朱の落ち葉水面へと」の批評

回答者 佐渡

友也さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
京の紅葉は数年前に二泊で行った事があります。どこも綺麗でした。
提案句を
京のカフェ紅の落葉は水面へと
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二つ目の西瓜抱える腹の上

作者名 やまの はるか 回答数 : 4

投稿日時:

かいつぶり潜り水輪の二つかな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

それぞれに悲喜こもごもと芋煮会

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ギャラリーのカフェ朱の落ち葉水面へと』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ