俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ポチも老い晩秋の道とぼとぼと

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所のおばさんが犬の散歩をしていました。
犬も老齢でやっと歩いています、そしておばさんも。

なにか人生の終盤に差し掛かった一人と一匹の姿を
晩秋の道という言葉に被せてみました。

近い将来の自分を思ったりしながらね・・・。
こんな情景&感情が皆様に伝わりますかねぇ。

最新の添削

「ポチも老い晩秋の道とぼとぼと」の批評

回答者 ドキ子

冬日影の句の添削ありがとうございます。
いろいろな感想や解釈はあって当然だと私は思っています。めでかやさんのコメントは貴重だと思います。今後の作句に活かしたいです。
一応、句の意味としては、湧水に冬の日差しが当たって、それが銀の糸のように見えたということです。
まだ初心者ですので、にわか風流ではあります。そこに違和感を覚えたのだと思います。いつかは自然に美しい言葉を詠めるようになりたいと思っています。

御句の感想です。
以前に私も似たような句を詠んだ事があります。犬を飼っていますので。
老犬の犬に長生きして欲しいと詠みました。そしてその老犬に自分の愛犬の将来を重ねて切なくなりました。
とても良い句だと思います。その光景が見えます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ポチも老い晩秋の道とぼとぼと」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

めでかやさん、こんにちは。
御句拝読しました。
なんとなく光景は浮かびますよ。
ただ、少し気になる点はあります。

「とぼとぼと」というのは自分の歩き方ではないですね?人の歩き方をとぼとぼとかいうのはいかがなものでしょうか?その人は一生懸命に歩いているかもしれません。

老犬を連れ晩秋の道のんびりと

「こんな感情&情景が皆さんに伝わりますかねぇ」なんて言っていないで、伝えるように頑張ってください。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「ポチも老い晩秋の道とぼとぼと」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めでかやさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
御句良いと思います。
私も同じような俳句を作りました。その拙句は
・黄リボン犬とぼとぼとそぞろ寒
黄リボンは触らないでというメッセージだそうです。
私は毎日散歩には出かけますが、お年寄りが犬を連れて歩いているのを見かけます。
同じような光景のようですね。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「ポチも老い晩秋の道とぼとぼと」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めでかやさん!再訪です。
ご自身のコメントにありました。
なにか人生の終盤に差し掛かった一人と一匹の姿を晩秋の道という言葉に被せてみました。近い将来の自分を思ったりしながらね・・・。

私は喜寿を超えた年寄りのひとりとして別に気になりませんでした。
俳句も気になりませんね。自分が鈍感なのかな(笑)
歳をとっても溌剌としている人もいればそうでない人もいます。私は77歳で俳句に出会った毎日楽しくやっています。
いろんな人生のひとこまを俳句しても良いのではないかと私は思います。
人の歩く姿がとぼとぼ見えた事実を詠んだでけですからね。
私の俳句もおかしいとは言われなかったし、とぼとぼが効いてますと褒められましたよ。
・炎天やとぼとぼ歩く人一人  れんげ畑
俳句ポストで入選されていましたよ。
この道場でいろんな意見がでますから、そういう見方もあるかと思えばよいとおもいます。
俳句を楽しみ明るい老後を目指してください、まだまだ先の話ですね(笑)

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「ポチも老い晩秋の道とぼとぼと」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

めでかやさん、こんにちは。
再訪です。
私のコメントに対して、気持ちの良いご返事を有難うございました。

俳句は十七音しかないですから、読み手に想像を託します。それが面白いところです。色々な想像が膨らみます。
作者としてはできれば作者が思ったのと同じように感じてもらえるように、誤読を避けるよう努力します。この道場でも、技術的な面と同時に、「それだとこのように(ネガティブに)読まれてしまう恐れがありますよ」と言った意味的な面のアドバイスもいただけます。私も気がついたら申し上げます。
その受け取り方は人それぞれです。その受け取り方に対して何か言うのは俳句の鑑賞にそぐわないです。

これから、めでかやさんの作品に対して、ある人はAといい、ある人はBと、またある人はCと言うかもしれません。それは人それぞれの感じ方の違いであり、当然のことです。メンバー同士でもその多様性を尊重し、他人のコメントにはどうこう言わないことになっています。

長くなり失礼しました。めでかやさんがどうこうということではなく、いらしたばかりでとてもご熱心な様子で、これからコメントするのも受けるのも増えると思いましたので、あらかじめお伝えさせていただきました。またご投句くださいね。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

物いわぬ者も多かし冬雀

作者名 エイジちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

童謡の小鳥ついばむ梅もどき

作者名 かぬまっこ 回答数 : 24

投稿日時:

マスクしてマスク外してマスクして

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ポチも老い晩秋の道とぼとぼと』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ