俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

爆笑の人形劇や文化祭

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人形劇倶楽部に入っていた学生時代を思い出して作りました。
文化祭で僕が演じた子犬の首が上演中に抜けそうになるというハプニングに場内爆笑となりました。なんとかアドリブで切り抜けましたが、演出担当の先輩は頭をかかえていたっけなあ・・・ 御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「爆笑の人形劇や文化祭」の批評

回答者 なおじい

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。人形の首が取れそうになったとしても、とにかく受けたのであればよかったではないですか。
私は未だ忘れられませんが、ある芝居で私が相手の投げる手裏剣を刀で払い落とす、というシーンがあったのですが(どういう芝居だ?)、当日見事に空振り。場内爆笑。稽古では上手くいっていたのに…。

さて御句、私は藤田先生の型を真面目に勉強してませんので的外れであれば許してください。
中七を「や」で切れを入れた場合、下五は上五中七と関係ないような季語が来るものと思っています。
原句ですと、爆笑の人形劇があった文化祭で、ほぼイコールですよね。
この場合、

・文化祭爆笑誘ふ人形劇

とかのほうがすんなり来るような気がします。

原句の型を活かすのであれば、

・爆笑の人形劇や秋高し

みたいな。もっともこれですと文化祭より農村の村芝居のような句になりますよね、それで悩んでコメント遅くなりました。
中途半端で申し訳ありません。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

文化祭人形劇の首ぽろり

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、「金木犀」句へのコメントありがとうございました
季語を立てる、とはよく聞きますが、季語を押さえて全体の句のバランスをとるとは目から鱗でした
勉強になります

さて、御句ですが「爆笑の」が本人の記憶の中のものでなかなか他人に伝わりづらそうという所でしょうか
コメント内のエピソードを使って一句詠んでみました

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泉から裸体の女性顔を出す

作者名 堀籠美雪 回答数 : 5

投稿日時:

ばあばならサンタ来るはず手術室

作者名 小西晴菜 回答数 : 3

投稿日時:

冬の月探査機活動始めをり

作者名 あらちゃん 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『爆笑の人形劇や文化祭』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ