俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の雲日々に薄れる手をふる君

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

君は手を振ってくれたね。
あれから、どれくらい、たっただろう。どんどん記憶がうすれていくよ。映画の「追憶」見て
浮かびました。

最新の添削

「秋の雲日々に薄れる手をふる君」の批評

回答者 優子

鷹司晶子様
物語とすると、確かにワクワク致します。学の無いのがバレてしまい、お恥ずかしい限りです。厚かましいのですが、また鷹司様の別の句も、添削致したいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の雲日々に薄れる手をふる君」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子様
「追憶」、お恥ずかしながらまだ見たことがございません。今度ゆっくり見たいと思います。またコメントさせて頂ければ幸いです。それから添削ありがとうございます。確かに用を足しに行って漏らした句の様ですね、失礼致しました。他人に1日1回「ありがとう」と言ってもらう、とても素敵な事ですね、私も見習おうと思います。ありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ねぎ抱え平凡な日々続いてく

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

返信は了の字ひとつ花曇り

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

酒升に涙ポツリと梅雨の空

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の雲日々に薄れる手をふる君』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ