俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の空靴裏の砂拭ききれず

作者 青山貝  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

避難訓練で上靴のまま校庭に出た後、校舎に戻るときに置いてある雑巾では靴底についた砂が取りきれないのを表現しようとしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の空靴裏の砂拭ききれず」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

青山貝さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。光景よくわかりますよ!

私がちょっと違和感を持ちましたのは、秋の空という季語と、中七以降に描かれている場面のズレですね。

上五の季語「秋の空」は、高く澄み渡った、広々とした空です。
対して中七以降は、外から校舎の中に入ろうとして靴の裏の砂が取りきれないというシーンですよね。目線はかなり下の、小さい部分に注がれています。
これはちょっと、マッチしていませんね。

例えばですが、

・上靴のままの校庭秋の空

これだと校庭にいますから秋の空と響き合うと思うのですよ。そして読者は、「あーあ、上履きで校庭に出ちゃって! どうしたの?避難訓練とか? ちゃんと靴の裏きれいにしてから教室に戻りなさいよ(笑)」と想像してくれないかなあ、と思うのです。

または、

・肌寒や上履きの砂拭ききれず

これは、上履きの砂を拭ききれなかったけど、ちょっと寒かったので、中に入ってしまったよ、という感じで、季語を変えてみました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山映す田に波たたす源五郎

作者名 山口雀昭 回答数 : 0

投稿日時:

作業後の直しも楽し新年度

作者名 YY 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴れやシーツはためく庭先に

作者名 松本ひとみ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の空靴裏の砂拭ききれず』 作者: 青山貝
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ