俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風鈴に呼ばれし猫を膝枕

作者 孤島の大根  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季節外れかもしれませんが、お婆ちゃんの縁側の風景を詠んで見ました。

最新の添削

風鈴に呼ばれし猫を膝枕の批評

回答者 三日酔いの防人

孤島の大根様、今晩は。『風鈴に呼ばれし猫』良い言葉ですね。
一点、下五の膝枕ですね。切れ字、けりで切れを強調するのも良いかと感じました。
抱きにけり、抱えけり、誘いけり、招きけりなんてのも有りかなと思います。素晴らしい上五中七ですので、下五で切れを強調することをおすすめ致します。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風鈴に呼ばれし猫を膝枕」の批評

回答者 セゾン

縁側の風鈴に猫が誘われて、お婆ちゃんの膝に座ってきた光景がダイレクトに伝わってきます。

だいたい風鈴は縁側に吊るされてますので位置関係は十分伝わります。

これはこのままで良い句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、セゾンさんの俳句の感想を書いてください >>

「風鈴に呼ばれし猫を膝枕」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。まだ始めて二ヶ月ですので、アパートの隣どうしになったように、よろしくお願いします🙇⤵
一番感じたことは、因果関係と位置と人物象がよく分からないことです。素人の素直な感想です。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「風鈴に呼ばれし猫を膝枕」の批評

回答者 桜子

今の状態だと膝は詠み人の膝だと思います。おばあちゃんの膝ならおばあちゃんを登場させないといけないと思います。
・風鈴や猫が近づく婆の膝
・風鈴に誘われ猫乗る婆の膝

点数: 0

添削のお礼として、桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木の芽煮ばあちゃんの墓どれだっけ

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

菜の花忌街道をゆく旅人よ

作者名 あらちゃん 回答数 : 11

投稿日時:

米に石狼の飯おかわりと

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風鈴に呼ばれし猫を膝枕』 作者: 孤島の大根
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ