俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

渡り鳥ガチョウの友と山越えて

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

渡り鳥から「ニルスのふしぎな旅」を想像しました。できるだけ報告にならないように考えました。

最新の添削

「渡り鳥ガチョウの友と山越えて」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

個人的にはこういう練習はありです。
でもコメントは厳しめで(笑)

◆「ニルスのふしぎな旅」を説明しようとして、観察や客観があまりないように感じます。
◆「ガチョウの友」これはニルス目線ですか?
 「ガチョウが友達である」とがんばって説明しています。友人を俳句に出すときに「日本人の友」「アメリカ人の友」とわざわざ言うかどうか?ケースバイケースだとは思いますが・・・
◆「山越えて」継続用法で「山越えて行く」「山越えて来る」などの省略に見えますが、地上にいる誰かの目線?となりますね。
◆そして季語「渡り鳥」が添え物、という・・・

渡り鳥の目線なのか、ニルス目線なのか、客観視している自分の目線なのか、どこかに統一した方がよさそうです。
個人的には、客観視している自分の目線が、一番練習になるのではないかと思います。
その際、たった一句で「ニルスのふしぎな旅」を全部説明しよう、とは思わないほうがいいです。十七音では足りず、詰め込み過ぎになると思います。

・渡り鳥飛んでガチョウも山を越え

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

すぐ喰らふ鯛焼き一尾多く買う

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

捻くるる男の顔やピカソの忌

作者名 腹井壮 回答数 : 5

投稿日時:

金玉が痛く許せん春の宵

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『渡り鳥ガチョウの友と山越えて』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ