俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天映す池で亀蹴る秋の雲

作者 風花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ご覧いただきありがとうございます。まだまだ夏の暑さが残りますね、、それでも夜の散歩にはちょうど良くなりました。俳句の種を探す楽しさを駆け出しながらも楽しんでおります。
皆さんの御句とともに季節を感じれたらなと思います。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天映す池で亀蹴る秋の雲」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

フウカさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。私は初読では、フウカさんが亀を蹴とばしたのだと思い、ひどいことをするなと思いましたよ(笑)。池の中にボチャンと。浦島太郎の逆バージョンだ(笑)。

しかし、いくらなんでもそんなことを俳句に詠むはずがないと、何度か読み返してわかりました。

それでは、こんなのはいかがでしょうか。

・亀の蹴る水面に映る秋の雲

自分で考えておいて申し訳ないですが、なんだか面白くないですね。
色々考えたのですが、季語は秋の雲、それを壊すがごとく蹴りながら泳ぐ亀、これを主客転倒しないようにまとめるのが難しかったです。
他の方のご提案を見て私も勉強したいです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「天映す池で亀蹴る秋の雲」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

一覧で見つけてからなおじい様のコメントを見るまで、亀を蹴るなんてカワイソウ!と思っていました。

説明の助詞「で」をやめて、俳句の魅力である「切れ」を入れて、省略する助詞を変えれば、誤読が防げそうです。

・天映す池亀の蹴る秋の雲

あとは、大きくは変わりませんが、上五は「天映す」だと大袈裟なので、「空映す」でいいんじゃないかなあ・・・とは思いますがお好みで。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

登校の娘見送る更衣

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

要望:褒めてください

用水路テニスボールと花びらと

作者名 雪柳 回答数 : 4

投稿日時:

雌菜揉みの種の強か引っ付けり

作者名 猫山竹 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天映す池で亀蹴る秋の雲』 作者: 風花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ