俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七輪に秋刀魚煙らす母憶い

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

なおじいさん、かぬまっこさんにはご丁寧にご指導頂きありがとうございました。

なにを詠いたいのか、それを曖昧にしては句になりませんね。

よく考えると、主役は今は亡き母の姿でした。七輪(かんてき)に炭火をおこし煙をいっぱい立て、家族のために秋刀魚を一生懸命焼いている母の姿を見ていました。

煙らしながら秋刀魚を焼くだけでは和田アキ子さんも詠んてたんですね(笑)。

なお、七輪とすることで季重なりも解決かと思いますが。

再度挑戦させて下さい。

最新の添削

「七輪に秋刀魚煙らす母憶い」の批評

回答者 なおじい

駒川義輝さん、こんにちは。
御句拝読しました。どうも下五がとってつけたような感じになっています。
そもそも俳句は今の一瞬の情景を切り取る文学だと言われていますが、これは幼少の頃の記憶の句ですね。
そこがちょっと。
ただそういう句もありだと思いますので、少し手を加えさせてください。

・七輪の秋刀魚の煙り母の顔
・七輪の秋刀魚を煙たがりし母

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

去年今年コロナと雨の悪夢かな

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

学舎へ行く子見守れ鳥の巣よ

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

研修医らしき白衣やあたたかし

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七輪に秋刀魚煙らす母憶い』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ