俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋雲や人数分の伝統茶

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

このページに来てくださり、心から感謝します。初秋になったとはいえ暑い日が続いておりますが、どうぞご自愛ください。そして素敵なお盆休みをお過ごしください。

この句はソウルの仁寺洞(インサドン)に行った時に、日本人の大学生グループに声をかけられて一緒に柚子茶などの韓国伝統茶を飲み、韓菓を食べた時のエピソードを句にしたものです。

イサクさん、いつも添削を本当にありがとうございます。俳句を作る励みとなっております。今回の句は「人数分の伝統茶」としか言ってないので「想像の余地」を残しているのではと思うのですがいかがでしょうか。

今回の句で気がかりなのが、季語の選択が適切かと言うことです。秋雲は「澄んだ秋の蒼穹に浮かんでは消える雲のことをいいます。秋の白い雲は、巻積雲や鱗雲などのように印象的でくっきりとしています」とのことだったので、旅先で飲んでる伝統茶と組み合わせると面白いのではと思い詠んでみました。

【季語の力を借りながら十七音で『詩』を作るにはどうするか】
これを本当に意識していこうと思います。これまで作った俳句がありますが、全て見直して、もしくはボツにします。「俳句の型・その1」で、「季語と内容の距離」を離して、「季語の力」を信じて、「想像の余地」を残して説明句にならないように気をつけようと思います。

批評・添削していただければ幸いです。よろしくお願い致します。今日も惜しみない祝福がありますように。そしてさらなるご健勝とご健吟を心よりお祈り致します。私も至らない点が多いですが、精進して参ります。

最新の添削

「秋雲や人数分の伝統茶」の批評

回答者 なおじい

友也さん、こんにちは。
御句拝読しました。
イサクさんより先にコメントしてよろしいでしょうか(笑)?

御句、想像の、余地を残しているというより、逆な、これでは説明不足ではないでしょうか?
と言いますのは、お茶であれ料理であれ、提供されるのは人数分が普通です。これが足りないとか一つ多いとかだとドラマや詩が生まれるのだと思いますが、人数分ですよね?
想像が生まれません。

例えば、

・秋雲や一人ひとりにお茶と菓子

あまり上手くはないですが、これならまだ・・・いや、これではダメだ。

・秋雲に誘はれ異国の伝統茶

季語についてはイサクさんやげばさんにお任せします。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ガリガリと青空に似たブルーハワイ

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

産土へくねくね道を初詣

作者名 素一 回答数 : 3

投稿日時:

ポイ捨てはまさかするまい姫女苑

作者名 IZMIN 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋雲や人数分の伝統茶』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ