俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玉を追う彼ら覆うは炎天か

作者 ごた  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

炎天のなかスポーツに励む人をイメージして作りました。追うと覆うと発音が似た言葉を使ったり、炎天かと炎天下をかけたところが工夫したところです。初心者です。お手柔らかにお願いします。

最新の添削

「玉を追う彼ら覆うは炎天か」の批評

回答者 友也

ごたさんの俳句を拝読しました。

私の「ビール」の句に添削していただいてありがとうございました。あの句が不安になって「ウィスキー」の句を投句したのですが、どうやら「ビール」の方が評判よかったようです。

私の句は過去の思い出なんです。現実の私は、発達障害と躁鬱を抱えて働くこともできず、家からほとんど出られない人生を送っています。大好きなサイクリングもゴスペルも英会話も、何もやれない状態の私の支えになっているのが、キリストへの信仰と俳句です。

ごたさんはまだ高校生なのですね。でもあっという間に時は過ぎます。私も躁鬱と17年戦いながら、気がついたら38歳になっていました。かけがえのない今を、どうか大切に生きてください。青春は気持ちひとつで一生続くと思います。私も一生青春だと思って生きています。どうかその今持っている瑞々しい感性を、一生の財産として生きていってください。

私も土谷海郷さんのおっしゃっていることに賛成です。私のように率直でシンプルすぎる句も俳句としてどうかなとは思うのですが、ごたさんはなんか、わざと曖昧に詠んでいるように見えるのですよね。それが俳句らしいと思っておられるような感じがします。

俳句はその場面を切り取る写真のようなものだと思います。なので、相手がその句を読んで情景をありありと思い浮かべることができる必要があると思います。できた俳句を読み返してみて、誰もがすんなり理解できるだろうかを意識して、そして「炎天を『覆う』」のような説明する必要にない「当たり前」を消していけば、より素晴らしい俳句を詠めるようになると思います。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!
ごたさんに惜しみない祝福がありますように。輝くような日々を過ごすことができますように。人を感動させる俳句を詠むことができますように。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「玉を追う彼ら覆うは炎天か」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

ごたさんはじめまして。
土谷海郷(つちやみさと)と申します。
よろしくお願いします。

まず、俳句では韻を踏むというのはありますが、何かと何かを掛け合わせるといった手法は嫌われるので、私的にはやめた方がいいと思います。

「玉を追う彼ら」何のスポーツかを明確にした方がいいです。
「覆う」炎天は覆うものなので、この言葉はいりません。
「炎天か」読み手に尋ねる手法は確かにありますが、難しいのではっきり言い切ったほうがいいです。

・校庭や白球を追う炎天下

「校庭」で場所と、ある程度の年齢、「白球」で野球だとわかります。

他のやり方ですと
・炎天や白球を追う河川敷
・炎天やサッカーボール追う少年
みたいな感じでしょうか。

これからも俳句作り頑張ってください。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「玉を追う彼ら覆うは炎天か」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ごたさん、こんにちは。
御句拝読しました。
先に海郷さんからしっかりしたコメントが出ていますので、重複すると思いますが私からもお伝えします。

初心者ですとご自分でもおっしゃっている。そのレベルのうちは、何かと何かを掛けるとか、そういうことは考えないほうがいいですよ。苦労の割にすごいなぁとは思われませんから(笑)。

また、最後を「〜か」と終えるのは、やりたくなるのですが、そんなこと人に聞かずに自分の考えを言っていいのですよ。まあ今回は炎天下と「掛けた」とのことですけど。

さらに、他の方がおっしゃっているように、「玉」は、球技の意味なら「球」でしょう。
球のままで屋外なら野球を思い浮かべますね。これを「ボール」とすればサッカーとかラグビーに広がります。

余談ですが、これがもしドラゴンボールの話であれば「玉」でいいですよ。

またご投句なさってください。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

球を追う

回答者 リキ

句の評価:
★★★★★

私も初心者でまだ投稿したことがありません。玉→球の方が良いかなと思いました。夏の高校野球観戦が好きなので情景が浮かび良いとさせてもらいました。

点数: 0

添削のお礼として、リキさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初恋の理由林檎に押しつける

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

サングラス外して眺む碧き海

作者名 やす 回答数 : 4

投稿日時:

柿の実のもらいてまるしまるさかな

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玉を追う彼ら覆うは炎天か』 作者: ごた
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ