俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かげろうに足すくわれて救急車

作者 あかんてー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

かげろうの立つ暑い夏の日に熱中症で倒れて救急車に運ばれた経験をもとに詠みました

最新の添削

「かげろうに足すくわれて救急車」の批評

回答者 なおじい

あかんてーさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
夏の暑い日に陽炎が立って、ボーっとしてしまう。
ありそうな光景ですが、かげろうは春の季語とのことで、ぼんやりしたかすみのような光景に使うようですよ。
ですので、夏の暑いさなかに地面から燃えたつような何かを持ってきたほうがいいと思うのですが、今ちょっと思いつきません。ごめんなさい。
後で思いつきましたら再訪するかもです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雲雀笛遠に雀の声がして

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

風邪ひかぬ鈍い頭を恨みけり

作者名 ほうとう 回答数 : 2

投稿日時:

桜蘂降るや遊具の撤去跡

作者名 つちや郷里 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かげろうに足すくわれて救急車』 作者: あかんてー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ