俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落とされて慌てて登る蜘蛛の糸

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人を蹴落して自分だけ助かろうとすると、蜘蛛の糸は、プツッと切れてしまう。和を持って貴しとなすの精神が大切か。全く関係ないけれど、私は、しいて言えば犬型で女性らしい猫型ではないと思う。でも女性らしさって?日本人とアメリカ人どっちより?と言われれば、間違いなくアメリカ人よりと、自分で思う。由緒正しき、ではないのです。

最新の添削

その他の添削依頼

路肩にて咲くやババヘラ出羽の夏

作者名 卯筒 回答数 : 5

投稿日時:

参拝の願ひに太る氷柱かな

作者名 そうり 回答数 : 6

投稿日時:

手鞠花川面に揺れる影淡く

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落とされて慌てて登る蜘蛛の糸』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ