俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

沖縄忌名前の白く埋もれる

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

6/23は、記念日の不作(季語でない日本の記念日がWikipediaに見当たらず)で、「慰霊の日」(沖縄忌)。

次々回の俳句ポストの兼題「原爆忌」よりも更に、私には縁遠く(沖縄は一度も行ったことのない土地…)なので、感覚に乏しい季語。ニュースで目にする「平和の礎」から作句してみました。24万余の氏名(ただ、すべてが沖縄戦の犠牲者というわけではないらしい)が、白く画一的な明朝体で刻まれ、整然と並んでいる。

(母方の祖母一人を除いて)祖父母より上の世代の顔・名前をよく知らない私などは、もう少し世代が進むとこの碑(に刻まれた名前)の扱いはどうなるのだろう、というところが気になったりする。

当初は「墓碑銘」という言葉で考えていたが、あれは「墓」ではないなあ…、と言葉を変えたら、イメージが伝わらなくなっているかも知れず。

※ギュッと四国、次のお題は「芋煮会」!? それは東北の行事だろう? ここはひとつ、しれっと「いもたき」で投句してみようか。歳時記に載ってないけど…。

最新の添削

「沖縄忌名前の白く埋もれる」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。沖縄忌ですね。とにかく、戦争忌日が難しくて、俳句ポストも夏の海から原爆忌、向き合っていこうと思うのですが、難しい季語
さて、名前、もしかしたら碑のようなものかなと思いましたが、合っていそうですね。少しヒントがほしいのはイサクさんと同じです。
礎の名白く埋もる沖縄忌
ただこうすると季語と近くなってしまうので、そこは想像してよ、という意図もわかるのです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「沖縄忌名前の白く埋もれる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

まずは沖縄に限らず戦禍で亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

「平和の礎」を知らないとわからない句でしょうかね・・・?
戦禍で焼失した戸籍のことを詠んでいるようにも受け取れました。

いちおう「沖縄忌」「名前」で検索すると、上の方にはそれらしき記事が出てきますが・・・もう少し句の中に映像化のヒントが欲しいですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花は深い心の雨の色

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

刹那さや線香花火の落ちる音

作者名 秋恵 回答数 : 4

投稿日時:

冬虹よ今日も夢中さ君だけに

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『沖縄忌名前の白く埋もれる』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ