俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

縄張りを跳ねて争ふあめんぼう

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たぶんあれはアメンボの雄同士の争いだと思います。一匹のアメンボがもう一匹のアメンボに突進して行きぶつかった瞬間にピョンと跳ねるんです。それを何度も繰り返していました。アメンボの生態に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。場所は「糸垂るゝ女」がいた川です。よろしくお願いします。

最新の添削

「縄張りを跳ねて争ふあめんぼう」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

正しいことを言っている(可能性はある)ものの、「縄張りを跳ねて争ふ」がまるごと説明ですよね・・・縄張り争いかどうかもわからないですが。
たとえば描写に寄せて「争っているように思った」というならば

・あめんぼう争うように跳ね上がり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「縄張りを跳ねて争ふあめんぼう」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。あめんぼうが跳ねるのだという発見はいいですよねえ。でも、取り合わせではなく、あめんぼうが縄張りを争ってるんですよね、一物?
となると、縄張りを争うがまるごと説明っぽいという感じは少しします。対句的に取り合わせると形になるような気はするけど、ちょっと道徳的になってしまうだろうなあ。

にんげんは諍ふあめんぼうは跳ぬ

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

はなげ出てもダレも見ないし春寒

作者名 やまたろう 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

和菓子屋の間口の狭し草の餅

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

登園のバスに花びらとめどなく

作者名 コウ 回答数 : 12

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『縄張りを跳ねて争ふあめんぼう』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ