俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鮎釣りの名人偲ぶ解禁日

作者 ふり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎年、鮎釣り解禁のニュースを聞く度、釣った鮎をいつも食べさせてくれていた人を思い出し懐かしんでいます。

最新の添削

「鮎釣りの名人偲ぶ解禁日」の批評

回答者 なおじい

ふりさん、こんにちは。
御句拝読しました。故人を偲ぶ句ですのであまり言及しませんが、ちょっと形が普通っぽいかもしれません。
「偲ぶ」と言わずに、故人の性格や生前の行動が浮かんでくるような工夫があるといいですね。

・手応えに味よみがえる鮎解禁

あまり故人を偲んでいる句にはなりませんでした。

・あの引きとこの味が鮎解禁日

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鮎釣りの名人偲ぶ解禁日」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

人を偲ぶ句なのであまり厳しいことは言いにくいのですが、あまり詩がなく、ご自身の心情を紹介しているだけ、という感じですね。
日記的な記録の句としてダメではないのですが、受け手に詩を感じさせる気持ちは欲しいかと思います。御心情を「偲ぶ」と言わずに季語や風景に託せたら、と思うのですが。

記憶の中の「鮎釣りの名人」では季語にならないと思います。
句全体では季節性がないわけではなく、季語的な言葉は「鮎釣りの解禁日」(たぶん6月?7月?川によって違う)ぐらいになるでしょうか。動物季語「鮎」ではなく、人事生活的な季節感ですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「鮎釣りの名人偲ぶ解禁日」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。

眼の前で鮎釣りをしていて、それを詠んでいれば「鮎釣り」で季語だと思います。

記憶の中の「鮎釣りの名人」では季語にならないと思います。秋や冬には絶対に一切思い出さない、なんてことはないですよね?
ですが、この句には「鮎釣りの解禁日」という日付っぽい情報が入っているので、季節感はあります。ということです。日付なので生き物の「鮎」感はないですけどね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

時経て冬焼き肉店選び薄し

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

時化の夜降り続くるは太刀の魚

作者名 塩豆 回答数 : 8

投稿日時:

床に伏せば摩周湖の霧富士の霧

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鮎釣りの名人偲ぶ解禁日』 作者: ふり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ