俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

塀ほつく小さい小さい赤い壁蝨

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

赤ダニというのをはじめてみた

最新の添削

「塀ほつく小さい小さい赤い壁蝨」の批評

回答者 たーとるQ

卓鐘さんこんにちは!

壁蝨ってこう漢字で書くってのがまず教養になりました……それを踏まえて、「小さい」を敢えて繰り返す必要があるのか?など、全体的に壁蝨のインパクトに寄りすぎているというのが気になります。
イサクさんの仰る「季語の説明になってる」の要因ですかね。
壁蝨の動きを大袈裟につけてみました。

・赤壁蝨や塀を登る降りる回る

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「塀ほつく小さい小さい赤い壁蝨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

コメントでなぜこうなったかは理解しましたが、これでは「赤ダニの説明」かと・・・
初めて見るもの(特に季語)って、こうなってしまいがちですよね。

季語を信じる/受け手を信じるなら「赤壁蝨」のみで、あと他のことでもよいかと思いますが、そこまで信じきれないとして、
詩を出すためには「塀ほつく小さき赤壁蝨」で十二音、残りの五音で工夫できそうですか?

・塀ほつく小さき赤壁蝨つぶさうか

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の昼人足絶えぬ古刹かな

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

捻くれて蔦も丸まる西瓜かな

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

春めくや二号大きく植木鉢

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『塀ほつく小さい小さい赤い壁蝨』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ