俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

八年の時を刻みし金魚かな

作者 夏音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

嬉しいときも悲しいときも八年間ずっと見守ってくれた金魚たちよ

最新の添削

「八年の時を刻みし金魚かな」の批評

回答者 卓鐘

初めまして。

「時を刻みし」が大げさと言うか、かっこつけたと言うか、そもそも金魚が時を刻むっておかしいというか。

八年の金魚とともにある暮らし

季感が少し足りないので(それはそれで別に良いと思うのですが)敢えて季重なりにして、こんなこともできるかと。

八度目の夏となりたる金魚かな

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水澄みてなお静寂の青を踏む

作者名 出水美代 回答数 : 0

投稿日時:

初めてのキスは血の味木下闇

作者名 腹井壮 回答数 : 5

投稿日時:

好物の梨を背に頂目指す愛宕山

作者名 花まるこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『八年の時を刻みし金魚かな』 作者: 夏音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ