俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一人旅逢わずに帰る罌粟の花

作者 GORO  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔の友達に逢えればと思って一人旅で出掛けたがやっぱり逢わない方がいいと思って帰り罌粟の花に目がとまり慰めて貰った

最新の添削

「一人旅逢わずに帰る罌粟の花」の批評

回答者 イサク

おはようございます。
初心者さんでしょうか?

五七五と季語ひとつ、というのはできています。
◆「一人旅/逢わずに帰る/罌粟の花」と意味も読みもみっつに切れる「三段切れ」という形で、意味が切れるために詩が出にくく、リズムもあまりよくない、という形です。
 この句の場合は、「一人旅」という説明、「逢わずに帰る」という説明を両方ともひとつの句の中に入れてしまったことが原因だと思います。この句は「罌粟の花」に慰めてもらったという意図がありますので「逢わずに帰る」が優先で、一人旅かどうかはあまり意味がないですね。たんなる説明になっています。
 なので「一人旅」という説明をやめて、その五音を「逢わずに帰る」をもう少しわかりやすくするように使うのが、三段切れを回避するポイントかと思います。

・旧友に逢わずに帰り罌粟の花
・旧友に声掛けざるや罌粟の花
・あきらめるという選択罌粟の花

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春うらら翔平障子開け風吹きこむ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

大粒となりし雫や梅に雨

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

幼き日松葉牡丹の散歩道

作者名 堀籠美雪 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一人旅逢わずに帰る罌粟の花』 作者: GORO
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ