俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

江戸村の和傘とりどり風薫る

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日光江戸村の美しく色とりどりな和日傘を詠みました。
上五中七の12音の詩はベタでシンプルなため、季語との取り合わせができているかが鍵となりそうですが、どうでしょうか。

最新の添削

「江戸村の和傘とりどり風薫る」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
初心者さんでしょうか?ちょっと判断に困っています。

こちらの句は季語「風薫る」と、関係ない十二音とでうまく組み合わせてあると思います。

コメントに「上五中七の12音の詩はベタでシンプル」とありますが、あまりそうは思いませんでした。
こちらが若干「詩」を通り越して、「とりどり」まで言ってしまっては説明し過ぎであるように感じました。
もう少しシンプルであった方が、季語との組み合わせが生きるかと思います。

とはいえ、悪くない句かと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「江戸村の和傘とりどり風薫る」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

初めまして。

取り合わせの是非ということで、取り合わせもベタですね(笑)
春の色合いを感じさせる色とりどりと、風薫るは最もありがちかもしれません。

そうですね。もう少し「江戸村」らしさと響き合わせるなら、同じ風でも「日方」とかどうですかね。日光とも響き合いますし。

江戸村の和傘彩る日方かな

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「江戸村の和傘とりどり風薫る」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

訂正

「春の色合いを感じさせる色とりどり」がおかしなこと言っていて、
風薫るは夏ですね。失礼しました。

まぁベタな印象は同じでした。
「XXが色とりどり」という爽やかな印象の言葉と、風薫るの取り合わせ。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

眼の如き弓張月に睨まれり

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

命毛の画仙を走る夜半の夏

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

蛇穴を出でメデューサの髪となる

作者名 感じ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『江戸村の和傘とりどり風薫る』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ