俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

明急ぐ白き甍の寺院群

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初夏の早朝に日の光で瓦が白く輝いて見える東山の寺院群を詠んだ句です。

最新の添削

「明急ぐ白き甍の寺院群」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

初夏の甍が光る様子はなかなかの光景ですね。寺院群ということで、たくさんのきらきらした甍が見えてきました(^^♪いい句です。

句具句会初夏出されてましたね。明日で互選終了。金曜発表ですね、だれでも参加しやすいこの句会、たくさんの方の句と評が楽しみですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初紅の恥じらい隠す恋心

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

畝二つ越えて伸びたる花南瓜

作者名 はや 回答数 : 8

投稿日時:

大花野ときどき雲の影走る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『明急ぐ白き甍の寺院群』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ