俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木犀のそそり立ちたるこの世かな

作者 真波  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

樹齢ウン百年の立派な木犀を詠みました。
下五がどうかな?と、思ってます。
よろしくご指導お願いします。

最新の添削

木犀の香のあるままにつつまれて

回答者 佐々木健一

金木犀のご先祖様の銀木犀の樹。
香りは金木犀よりほのか。
花に鼻を近づけなければならない。
白いきれいな小さな花。
樹齢数百年の樹をながめたとき、銀木犀ではなく大けやきをながめたことがありますが、なんとなく歴史につつまれるような気分になりました。
ひらがなを多く使い、はんなりとした句にしてみました。

点数: 1

添削のお礼として、佐々木健一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

千年の風間をそびえ立つ木犀

回答者 ハオニー

金木犀と銀木犀は別物だそうですね
これは銀木犀のことを言っているのでしょう

下五よりも先に...
「そそり立つ」が気になります
この言葉には「ビンビン」といった意図にそぐわないニュアンスもあります
「そびえ立つ」の方がいいのでは?と思います

「この世かな」と詠嘆するとかっこよく見えますが、時間経過よりも「素晴らしきこの世界」という空間的な広がりが先に出てしまいます
季語「木犀」よりもそちらが目立つのは、何か違う気がします

手直しの句は、あえて字余りで「木犀」の存在感を出す方法をやってみました

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

逆縁の残しクレヨン牽牛花

作者名 輝久 回答数 : 3

投稿日時:

煮卵の溶けゆくスープ梅雨来る

作者名 たーとるQ 回答数 : 7

投稿日時:

マケルナとカツ食らふ夏の朝

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木犀のそそり立ちたるこの世かな』 作者: 真波
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ