俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冴返る壊されてなお軒蜂巣

作者 弓削素直男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蜂が軒下に巣作りをするが、そのたびに人間に壊される。しかし一匹の蜂はめげることなく、巣作りに励む。自分を蜂に見立て投影した感慨を詠う。

最新の添削

「冴返る壊されてなお軒蜂巣」の批評

回答者 なおじい

弓削素直男さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。句意はわかります。燕の巣ならまだしも、軒下に蜂の巣を作られたら困りますよ。だから壊す。でもそれは、蜂さんにとっては、せっかく積み上げできたものを破壊されるわけですからかなわないですよね。
なんとも言えない状況ですね。

さて御句、季重なりはイサクさんのおっしゃっている通りです。おそらく、ご自分の感情が入り寒い気持ちになってしまったために、冴え返るから入ってしまったのではと思います。
また、下五の窮屈さはいただけないですね。

とにかく描写しましょう。

・蜂の巣やいつの間にまた軒下に

ご自分を蜂に見立てるのであれば、

・やられたらやり直すだけ蜂だもの

いやこれは賛同いただけるか不安がありますので、

・壊されてまた立て直す東北蜂
・壊れても造り直すぞ蜂の巣を

提案句を考えているうちに思いが募ってきましたので、勝手に東北の蜂にしてしまいました。すみません。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冴返る壊されてなお軒蜂巣」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
初心者様ですかね?

「冴返る」「蜂の巣」が季語ですので、季重なりの状態です。
下五が「軒蜂巣」と非常に窮屈に置かれています。「軒の蜂の巣」ですよね?

この句では「冴返る」はあまり意味的に必要なさそう(寒いかどうかは関係ない)なので、それを外して「蜂の巣」をもっと丁寧に描いた方がよいと思います。

蜂の目線であれば、下のような感じでしょうか。

・壊されてなほ軒下に蜂の巣を

次の句をお待ちします。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏休み潮の香近く古るる墓

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

ビル風に押されてなごや祭りかな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

仁王門薫る青葉とイーアルサン

作者名 IZMIN 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冴返る壊されてなお軒蜂巣』 作者: 弓削素直男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ