俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

何処へと去りゆく於兔や菜種梅雨

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨の中の街猫を詠んだ句です。

最新の添削

「何処へと去りゆく於兔や菜種梅雨」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
「於菟」が読めなくて困りました。以前も出てきていましたが、忘れてしまいました。これって、猫ではいけないのですか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「何処へと去りゆく於兔や菜種梅雨」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ。

「何処へと去りゆく於兔や」が日本語としておかしくないでしょうか?

何処へと去りゆく於兔か(どこへ行ってしまう猫だろうか?)
何処へと於兔の去りゆかん(於兔はどこへ行ってしまうだろうか?)

ではないとおかしい気が。。
いずれにしても、動物とか虫に対して、「どこへいくんだろうか?」というのはわりと真っ先に思うことなので作品としては普通になってしまいますかね。

猫でなく於兔としたのは、菜種梅雨とよく似合う気がします。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白骨のビニールハウスを覆う春

作者名 そうり 回答数 : 5

投稿日時:

就職で部屋にぽつんとぬいぐるみ

作者名 秋雄 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

若葉風嬰児は縁にすやすやと

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『何処へと去りゆく於兔や菜種梅雨』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ