俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

友と行く街を染めゆく桜花かな

作者 鰐渕颯  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

イサクさん添削いつもありがとうございます!前回の句のよいよいは擬音のようなオノマトペのような感じで使わせていただいたものです。分かりづらくてすみません💦ということで今回も宜しくお願いします!!🙏

最新の添削

「友と行く街を染めゆく桜花かな」の批評

回答者 たーとるQ

こんにちは颯さん。
非常に愛らしい句ですね。類想(似たような句)は多そうですが、言いたいことは伝わります。
イサクさんの「友と行く」で意味が途切れているというのはおっしゃる通りなので、敢えて友と行くを残した添削をば。
→桜咲く東京をこの友と行く
(東京は颯さんの好きな街でどうぞ)

あとこれはとあるテレビ番組からの受け売りなのですが、初心者の方は「染める」「舞う」「踊る」「彩る」などの漠然とした動詞を入れると大体失敗するらしいです。リアリティーのある描写というのを考えてみてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「友と行く街を染めゆく桜花かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

今までの句の中ではかなり伝わりやすい映像になりました。

考えればわかるのですが「友と行く」のは自分、「街を染めゆく」のは落花、で、動詞がごちゃついていますので、上五に再検討の余地あり、ですね。
上五があきらかに「街」にかかる言葉だとわかれば、混乱しにくいと思います。今の句の形では「友と行く」で切れているようにも見えるので。

たとえば
・夕暮れの街を染めゆく桜花かな
・人多き街を染めゆく桜花かな

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鮭寿司にいわし寿司の旅皿山積み

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

うなりつつしづかに蜂の急制動

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

遉なり雪中の迷ひ子猫や

作者名 鳥越暁 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『友と行く街を染めゆく桜花かな』 作者: 鰐渕颯
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ