俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

まほろばのごとし金塊花見かな

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家族で見る花と金塊、ふたつ揃ったところは、まさにまほろばのようなものなのではないか。俳句に花見しか入れず、家族と見る花見とするのはかなり無理があるか、駄目か~😓

最新の添削

「まほろばのごとし金塊花見かな」の批評

回答者 卓鐘

「金塊花見」という言葉があるのかと思って調べてしまいましたよ^^
金塊があって桜も揃ったら、それはもうまほろばのようである。と言いたいということでしょうか?(まほろばが、そもそも抽象的な言葉なので、ごとしと言われてもよくわからないというのもある。)

流石に、季語を中心とする俳句において、「花見」と「金塊」どっちも!というのは詩的情緒に欠けてしまうというか。

一つは、花も団子も欲しい的な川柳を作るか、季語をちゃんとたてた俳句にするかですかね。花見は家族とみる花見でも問題はないですが、御句からは家族感は感じられませんでした。金塊強盗集団の洞窟での夜の宴?(笑)

あー、いっそ金塊強盗集団目線で詠んでみる遊びとかならいいと思いました^^

金塊を囲む今宵の花の宴

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

下萌やドッグランヘ駆け出しぬ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

デジタルや押し流さるる春の鴨

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

愛犬が庭で臍出し風光る

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『まほろばのごとし金塊花見かな』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ