俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

杉の花目と鼻覆うその言葉

作者 肥川成可  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎年の事ですが自然界で杉は花粉を大量に放出、しかし人間は何故か杉の花粉に弱く目が痒い鼻水が止まらない。今は色々な薬は有りますが昔の人はどうしていたんだろう?花粉症って言葉も最近ですね。

最新の添削

「杉の花目と鼻覆うその言葉」の批評

回答者 なおじい

肥川成可さん、こんにちは。
御句拝読しました。
お気持ちわかります。私も四十代までは大丈夫だったような気がしますが、最近はとにかく目が痒くて困ります。

御句、杉の花という言葉を聞いただけでもう目と鼻を塞ぎたくなる、ということですね。
このお気持ちはわかりますが、俳句としては季語のものが実際にないので力が弱いですね。絵や写真ですらない。この辺がどうかなと。

・彼方から目と鼻覆ふ杉の花

ちなみに、世の中に蔓延する化学物質が人間にアレルギーを起こさせるようになったとのことですので、そういうものがなかった時代は花粉症も(そばとか玉子とかのアレルギーも)なかったようですよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨寒に遅々とし家の断捨離の

作者名 肥川成可 回答数 : 3

投稿日時:

囀りに螺旋解くる遺伝子よ

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

七月のバイトでつけた母の紅

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『杉の花目と鼻覆うその言葉』 作者: 肥川成可
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ