俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風寒し源平咲きの梅五輪

作者 黄木 桃葉  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

句の情景 : 春だけだけども、まだ風が寒い時、縁側の盆栽の梅が5輪だけ咲いている

表現したいこと : 縁側の内にある盆栽の梅でさえも僅かしか咲かないほど、ここの地域は寒い

疑問・不安な点 : 上記のことを読むには、どのように読んだらよいでしょうか。

最新の添削

「風寒し源平咲きの梅五輪」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

季重なりがまず気になりました。「寒い」は冬の季語。「梅」は春の季語です。

コメントには「梅が五輪しか(僅かしか)咲いていない」というような意味を書かれていますが、俳句に季節の移り変わりを感じるなら「もう五輪も咲いている」と受け取ると思います。
「梅」そのものは早春・初春の花ですので、「春だけれどまだ肌寒い頃」という空気感は出ます。というように、言葉のひとつひとつの意味を信じて、受け手に託していけるようになると良いですね。

・縁側に源平咲きの梅五輪

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕焼けやパーセントの残り光る

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

まだまだと和らぐ歯痛四温晴れ

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

封を切る見慣れた文字と桜貝

作者名 渡道 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風寒し源平咲きの梅五輪』 作者: 黄木 桃葉
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ