俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

たくわえた白髭落とす春の朝

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

心機一転するために、長年たくわえた白髭を剃り落としました

最新の添削

「たくわえた白髭落とす春の朝」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「たくわえた」が「ここまでたくわえた」という気持ちの説明ですね。
「白髭落とす春の朝」だけでも、ある程度はたくわえていたのはわかります。
「落とす」と言っていますので。

コメントに「心機一転」とあります。その心機一転を感じさせるような言葉を追加したいですね。なおじい様の提案のように、髭を落とした理由を付け加えるのもひとつの方法ではあります。

・白髭を落とし春シャツ卸したる

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「たくわえた白髭落とす春の朝」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。
いつもはヒゲを生やしていらっしゃるのですか?カッコいいですねー!

御句、いまのままでは日記俳句のようであり、読み手(読者)は、「ああ、そうですか」と言うしかないような。
私としては、なぜ髭を落としたのか書き加えたらいかがかと思いました。

・たくわえた白髭落とす卒園式
・白髭を落として今日は卒園式

卒園式は、お孫さんの幼稚園/保育園です。少しでも若く見せたいと。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薫風や水のうまさも引き立てり

作者名 たきさん 回答数 : 2

投稿日時:

秋天や食べあぐみしわた飴ごと

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

ブツダ説く黄色い絵本秋の空

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『たくわえた白髭落とす春の朝』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ