俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

五線譜に作者が音の苗植える

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話になります!塩豆です。
これは私の兄貴の作品です。どれぐらい俳句の経験があるかは分からないのですが、いつの間にか伊藤園の新俳句大賞に応募していたらしく、佳作を取って大喜びしておりました。
是非是非沢山の人の意見を聞きたいということなので、伊藤園カラーばりばりな作品ではございますがご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「五線譜に作者が音の苗植える」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。いつも御世話様です。どうもおめでとうございます。確かに伊藤園が好きそうな作風ですね。ハオニーさんの意見に近いのですが季語を意識しなかったのが良かったのだと思います。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「五線譜に作者が音の苗植える」の批評

回答者 ハオニー

おめでとうございます

堂々とした空想の世界を描きましたね
季語がないという指摘なんて無視してでも、比喩によって音楽性溢れる詩をつくってみせようという意志を感じます

これ、「音の苗植える」は季語として働いてはいないと思うのです
むしろ無季の句としたのは正解でしょう

ハオニーは「作者が」とした理由が少し気になっています

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「五線譜に作者が音の苗植える」の批評

回答者 桜子

こんばんは。
多分音楽は作家の手を離れたあと別の奏者や鑑賞者によって成長するということを仰りたいのかなと思うのですが、普段音符はオタマジャクシと親しみを込めて呼ばれているので、いきなり苗になる違和感が半端ないです。

点数: 1

添削のお礼として、桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

噛む瞬間イチゴジャムパン恋が舞う

作者名 おいちょ 回答数 : 1

投稿日時:

食まれゆく蟷螂の影滑り台

作者名 感じ 回答数 : 4

投稿日時:

春の海微塵の光降りそそぐ

作者名 九造里子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『五線譜に作者が音の苗植える』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ