俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

烟充る看板の上鳥の恋

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高山市の城山公園にあるむさしと言う焼き鳥が有名な売店。
焼き鳥を焼いているときの烟に巻かれながら看板の上で二羽の鳥が仲良く並んで止まっている様子を詠んだ句です。

最新の添削

「烟充る看板の上鳥の恋」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。卯筒さんは色々なところへ行って色々な美味しそうなものを召し上がりますねー。

本句で気になりましたのは、空に上がっていく煙が「充つる」ところがあるだろうかということと、「看板の上」という表現です。看板の横や下にはとまれないのに、「上」が必要かなということです。

・売店の煙る看板二羽の鳥

三段切れっぽいですが。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝霧に今息づかい溶けにけり

作者名 一番星 回答数 : 3

投稿日時:

針落とす曲はシナトラ盆支度

作者名 おせっかい 回答数 : 2

投稿日時:

半袖の脇下通り行く秋気

作者名 しゅうこう 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『烟充る看板の上鳥の恋』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ