俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春寒や鈍色の空カラス二羽

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季節が後戻りしたような寒さの中で空を見上げると、
カラスが勢いよく飛んでいました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春寒や鈍色の空カラス二羽」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

春寒は初春の季語ですが、まだまだ寒いですよねー。もう中日過ぎたのにー。

御句。中七の後に助詞「を」「に」「へ」など補って読みはしますが、若干の三段切れ感はあります。

鈍色の空へ鴉や春寒し

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春寒や鈍色の空カラス二羽」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。
げばさんと同じ感想、同じ提案句になってしまいました。
それではつまらないので、敢えて変えます。

鈍色、いい言葉ですねー。「にびいろ」ですよね。「にぶいろ」ではないですね。
三段切れになっていますので、解消したいです。
鈍色の空をまず持ってきます。
作者がまず空を見上げます。なんとなく暗い印象。そこに雲雀とかウグイスが、目に入ればいいのに、真っ黒いカラス。それも二羽。鳴き声がダブルで響きます。あーあ、春なのに寒いなぁ、という流れにしました。

・鈍色の空に鴉や春寒し

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

背の君に汗のシーツを握りこむ

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

街道のまばらな人や花の雨

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

赤富士の麓味噌汁のマグマ

作者名 IZMIN 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春寒や鈍色の空カラス二羽』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ