俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かしましく鳴き合う朝の寒雀

作者 縁糸  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ほんとうは首をふりふり鳴くさまを詠みたかったのですが言葉が出ず

最新の添削

「かしましく鳴き合う朝の寒雀」の批評

回答者 なおじい

縁糸さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
雀は朝からやかましく鳴き立てますよね。
うるさいな、と思う反面、鳥の声で目覚めるなんて、これって幸せなことではないかな?と思う自分もいます。
有難いことですよね、自分の家の近くに来てくれるということは。

御句は上五中七が、下五の季語の寒雀を追い込んでいくような気がしました。
それはすなわち説明調ということにもつながるのですが、ちょっと語順を変えてみたらいい感じになったように思いましたので、ご覧いただけますか?

・寒雀鳴くや朝から姦しく

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かしましく鳴き合う朝の寒雀」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。お久しぶりです。

コメントのとおりでいいのでは?と思いました。

・寒雀首をふりふり鳴いてゐる

「かしましく鳴き合う」のつながりが説明っぽいですし、「朝の」という情報を入れる必要があるかどうか?ということを思いました。
いかがでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の月ロックダウンのパリ思ふ

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

去年のみち歩くしるべの泉かな

作者名 佐渡 回答数 : 0

投稿日時:

蜥蜴見て区別がつかぬイモリかな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かしましく鳴き合う朝の寒雀』 作者: 縁糸
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ