俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

バステトよ冬三日月に駆け去りて

作者 大猫  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

バステト神のような黒猫が消え去りそうな冬三日月の夜に足早に消えていった姿を詠んだ句です。

最新の添削

「バステトよ冬三日月に駆け去りて」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
バステトと来ましたか。そうなると空想句なのか、実景の黒猫なのか読みに悩みました。バステトかっこいいてすが、光景見える句の方がよいやも。
黒猫よ冬三日月に駆け去りて

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

陽だまりの花壇や繋ぐ親子の手

作者名 空吉 回答数 : 3

投稿日時:

そこひ女の目脂に透くる虹二重

作者名 すがりとおる 回答数 : 0

投稿日時:

就職で部屋にぽつんとぬいぐるみ

作者名 秋雄 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『バステトよ冬三日月に駆け去りて』 作者: 大猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ