俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

小春日の裏道行きて春遠し

作者 やまちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小春日のある日、歩いていると暖かさが背中に感じられた、が一寸道をそれて裏道に入ると未だ寒さが感じられた。添削よろしく。

最新の添削

「小春日の裏道行きて春遠し」の批評

回答者 なおじい

やまちゃん、こんにちは。
御句拝読しました。
このお気持ち、よくわかりますよ。暖かいなぁ、もう春だなぁとか思って気持ちよく歩いている。ところがちょっと細道へ入るとそこは日陰になっていて肌寒い。ああ、やはりまだ春は遠いなぁ、という句ですよね。
ただ、俳句は結構季語、というか季節の取り扱いが厳しいですから、このようなお気持ちを表すのは結構難しいのです。コメントでげばげばさんがおっしゃっているように、小春はきれいな季語ですが、時期が過ぎてしまったので、ここは「春遠し」を生かしましょう。

・駅までの裏路地のゴミ春遠し

最後に、私も一言申し上げますが、「添削よろしく」は私も少し気になりました。げばさんも私も、勉強だ、練習だと思って一生懸命にご提案させていただいていますが、他の方々には礼儀作法というものが必要だと思いますよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「小春日の裏道行きて春遠し」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

今回は、季語の時期ずれが気になります。
小春日は初冬なので、11月くらい?春遠しは、晩冬の感じなので、春を待つ時期。
どちらかというと今は春遠しの時期なので、
小春は小春、春遠しは春遠しの句として、別で詠む方がよいかもしれませんね。
仄昏き裏路地へ風春遠し

あとは、私は好きでコメントがんがん置いていきますが、みなさん実生活忙しい中をぬって貴重なコメントを置いてくださる方ばかりなので、「添削よろしく」という言葉だとコメントくださる方が減っていくかもしれませんよ。げばの余計なお世話でした<(_ _)>

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目覚めれば朝の蜘蛛見し縁起よし

作者名 岸本義仁 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夜もすがら本読む脇の蚊遣りかな

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

木の芽吹く政子の墓のほの暗き

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『小春日の裏道行きて春遠し』 作者: やまちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ