俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

粕汁の鮭の頭とにらめっこ

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

連続の投句になります。
具沢山の粕汁を詠んだ句です。

最新の添削

「粕汁の鮭の頭とにらめっこ」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。粕汁、美味しそうですね!お料理の魚の目がこっちを見て、何かを訴えかけているようなことってありますよね。
ですから、魚は食べられるけど、切り身しかダメという人は少なくないようですよ。

さて、粕汁は冬の、鮭は秋の季語とのことです。その辺の調整も併せて、次のようなのはいかがでしょうか。

・粕汁や魚にじつと睨まれり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が家では童の騒ぐ師走かな

作者名 鰐渕颯 回答数 : 0

投稿日時:

図鑑閉づ花に迫りし山の嶺

作者名 鳥越暁 回答数 : 0

投稿日時:

卒業やフェリー乗る子らの挨拶

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『粕汁の鮭の頭とにらめっこ』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ