俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪舟の達磨の睨む冬座敷

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高山線の禅昌寺へ。

最新の添削

「雪舟の達磨の睨む冬座敷」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
お座敷列車ですかね、宜しいですね。私は乗ったことがないので、羨ましいです。それから禅昌寺には、寺宝や天然記念物の大杉等、見所が多そうですね😊✨✨💖🍀明日から仕事ですが、先月と先々月は多く仕事を入れたのですが、今月は、ちょっと減らしてしまいました💦体が鈍りそうなので、来年からは多く入れる様に無理の無い程度に頑張りたいと思います💦もうすぐ俳句教室、楽しみと始めて参加するので緊張が有りますが、楽しみたいと思っています😊✨

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大空をすいと過ぎゆくつばくらめ

作者名 いなだはまち 回答数 : 6

投稿日時:

体内の水の満ち引き夏の月

作者名 もんこ 回答数 : 8

投稿日時:

悴みてチラシ配布の鼻ピアス

作者名 みそまめ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪舟の達磨の睨む冬座敷』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ