俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月しょって手元酒見る仏かな

作者 あおい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大仏さんが月明かりを背後から浴びて軽く俯き膝に手を置く姿が、秋の夜長に1人月明かりを浴びながら晩酌しぼんやり手元を眺めていた祖父の姿に似ているなと感じました。

祖父は数年前に亡くなっておりますので、祖父の思い出を思い出しほんの少しの寂しさを一緒に読み込みたかったのですが上手くまとまらず、、、

最新の添削

月光やうつむく祖父と大仏と

回答者 ハオニー

お初にお目にかかりますハオニーです
月しょって、という表現がユーモラスですね
これはこれでひとまず面白いです

月しょって、は「本当に月を背負っているのか」と本気にするひねた性格の方もいるでしょうね
そのあとすぐに手元へ行ってしまうから、私のように「月を背負う」という比喩に突っ込む人がいるのです

仏が「大仏」と「なくなった方」を掛けているのはすぐに分かりました
ここで敢えて「亡き祖父」と書いてみます

亡き祖父と月を背負いし仏かな
亡き祖父と月とを背負う大仏ぞ
これで「大仏」と「亡き祖父」とを重ね合わせようとしている感じは出ます

月しょってが重要ではない場合は作戦変更です
月ではなく月見酒という季語を使い
大仏も月見酒せん亡き祖父と

敢えて倒置法で「亡き祖父と」を後ろに置きます
これで「じいちゃん、大仏様と月見酒しているのかな? それなら寂しくないよね?」というニュアンスは入りそうです

さらにもう一段階
月光で行きましょう
月光や酔うたる祖父と大仏と
月光やうつむく祖父と大仏と

これであの日の祖父が大仏のようだ、という意味が入ったような感じがします

いろいろやってみましたが、この中にピンとくるものはありましたか?
現時点で一番「これだ」と思っているものを手直しとして載せておきます
まだまだ私は考えますよっ!(

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月しょって手元酒見る仏かな」の批評

回答者 りんごのほっぺ

月を背にうつむく大仏さまの姿が哀愁ただようだけでなく、
ユーモラスにも見えます。
お祖父様の在りし日の姿を重ね合わせたのですね。
大仏様が大きいほど、お祖父様の存在感が大きいほど、
その姿が印象に残りますね。

添削すべきところは思いつかず、すみません。

点数: 0

添削のお礼として、りんごのほっぺさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れや奄美は雨見といふらし

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

風薫ロッキンチェアに埋没す

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

如月や黒を重ねる会津塗り

作者名 もんこ 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月しょって手元酒見る仏かな』 作者: あおい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ