俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

濃紫陽花視力検査の始まりぬ

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今回は「紫陽花」で一句

今もそうなのですが、中学生のころ私はとても視力が低く、視力検査がイヤだったことを覚えています

「どうせ視力0.1より下だよ」と、視力検査をするときの説明などは完全に聞き流し、雨の降っている窓の外をぼんやり眺めていました

すると、目の悪い私には紫陽花の濃い紫色が真っ先に飛び込んできました
雨に濡れた紫陽花をじっと眺める機会なんてそのときはなかったので、今でも紫陽花を見るとそのことを思い出します

季語に紫陽花を使ったから「雨」「傘」などのすぐに出てきそうな言葉は外しました
なにより、「紫陽花は雨のイメージを上手に引き連れてくる」なんて自分で言っておいて書くわけにはいきません

悩みどころ
季語「濃紫陽花」でいいのか?
→感動の核は「色」にあるからこの季語しかない
語順は?
→視力検査が始まる前に紫陽花を見たのだから語順は合っているはず
季語の描写が甘くないか?
→視力検査に音数使いすぎたとは思っています
漢字が続いて読みづらくない?
→おっしゃるとおりです

弱点はある程度探しだし、対策したつもりです
そのときの感動が薄れる不安はありましたが、二度くらい推敲しています

直す前の句
濃紫陽花視力検査の窓際に
「窓際に」が説明的だと手直ししました

皆様の感想、お待ちしております

最新の添削

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 寒月

ハオニーさま

こんばんは。
先日は添削くださり、ありがとうございました。そして、お礼が遅くなり申し訳ありません。この場を借りて、お礼を述べさせていただきます。添削いただきましたこと、温かい言葉をかけていただきましたこと、本当にありがとうございました!「濡るる髪」を「ひとりきり」に変えたことで、1人ぼっちの寂しい情景が強まりました!おかげで、次の句を作る励みになりました!また、直々出来の悪い句を投稿することと思いますが、またひとつ、ご指導いただければと思います!よろしくお願いいたします!

点数: 1

添削のお礼として、寒月さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 なおこ

ハオニー様、螢の句にコメント.添削ありがとうございます。
3度目にしてご登場いただき、ガッツポーズしてしまいました。
蛍の字は悩み、何度も訂正したので「いい作戦」と言っていただき嬉しいです。
「ありき」を使い螢の儚さを引き立てる添削、勉強させていただきました。
これからもよろしくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、なおこさんの俳句の感想を書いてください >>

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!雨の日の視力検査は不調に終わるというジンクスをいつぞや聞いた気がします。
悩みどころも読ませてもらいました。おっしゃる通りと思いましたので私もどうすればいいかと考えてみました。とは言いましてもベストなものは出来ませんでしたが…。

(濃)紫陽花や生意気なランドルト環

「生意気な」という擬人表現が好みの別れるところかも知れません。また、焦点が(濃)紫陽花とランドルト環に分散しないように是非とも切れ字「や」は使いたいところですが、それだと「濃紫陽花や」とすると字余りになってしまいます。ここはもう好みとこだわりの強さの問題でしょうかね…。悩んだのですが、天秤にかけて私ならばリズム感重視で「紫陽花や」としたいです。ハオニーさんなら「濃紫陽花や」としそうだなー、と思ったりしてます。

点数: 2

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 腹井壮

ハオニーさん、こんにちは。いつも御世話になります。濃紫陽花と視力検査の取り合わせはオリジナリティが高いと思います。この句の唯一の難点は確かに前半部分の漢字が続いて切れが読みずらいところでしょう。さりとてそれを解消するには塩豆さんの御指摘の通り「や」で切るか「濃あぢさゐ」と標記するしかなさそうですね。

多少句意が変わるかもしれませんが自分なら

紫陽花や視力検査の水曜日

と詠んでみます。参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 雪柳

ハオニー様、こんばんは😃🌃添削して頂いた句になるほどと思いました。凄く場面が、浮かびます。ありがとうございました。これからよろしくお願いします❗

点数: 1

添削のお礼として、雪柳さんの俳句の感想を書いてください >>

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者

初めての投稿に添削ありがとうございました。

四葩ありけり雨匂ふ、湿った風が雨を予感させる句になりました。
方向性のお話、本だけでは得られない体験でした。

句の感想ですが、濃紫陽花の次に視力検査が出てきてびっくりしました。
こういう大胆な発想、自分にはまだ怖くてできません。
悩みどころも参考になりました。

明日は胃カメラ検査です。恐怖で青蛙になった気分です。
胃カメラをぬるりと飲むや雨蛙

大変お世話になりました。

点数: 1

添削のお礼として、幸さんの俳句の感想を書いてください >>

「濃紫陽花視力検査の始まりぬ」の批評

回答者 雪柳

ハオニー様、こんばんは😃🌃いつも丁寧に添削ご指導してくださってありがとうございます❗二つの季語の強弱つけるはとても勉強になりました。これからもよろしくお願いします🙇⤵ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、雪柳さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

にやり逮捕者春暮れ髪に黄昏

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

たま風や線香は揺れ昇る朝

作者名 田中なかすじ 回答数 : 1

投稿日時:

あの星の雨が恋しい瓜の花

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『濃紫陽花視力検査の始まりぬ』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ