俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の海くしゃみ一回波に消ゆ

作者 わわわ  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

これまではプレバトなんかでちらっと見るくらいだった俳句ですが、最近その魅力に気付いてちょくちょくぱっと思いついた句を書き留めるようになりました。完全初心者なのでどうかお手柔らかにアドバイスお願いします。

最新の添削

「冬の海くしゃみ一回波に消ゆ」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
はじめまして。げばげばと申します。

御句、先にイサクさんがコメントを置かれていますが、「くしゃみ」は冬の季語であるということはひとつあります。
でも、冬の海に消えていくくしゃみなのでそんなに気にならず、冬の海の波が主となっているように思います(*'▽')
この「冬の海」という季語をさびしい空気を持つ季語のようです。
詠者はひとり海にいて、このくしゃみひとつも波にかき消されて、ただただひとりの海なのだという感じの句意なのかなあと読みました。尾崎放哉の「咳をしても一人」の感慨です。
下五「消ゆ」は終止形ですが、「消え」と余韻を残してみるというのはいかがでしょうか?「消え」て、その後?という余韻があることで、また、波の音だけが聞こえるよ、、という孤独が増しそうな。いかがでしょう。
冬の海くしやみひとつも波に消え

たくさんメモに句を詠まれているということで、ぜひ句作を楽しみつつ、ここにも投句してみてください(^▽^)/
また、他の方の句やコメントにも感想をおいてみてください。いい句ですね、とかこんなことを想像しました、とかでも大丈夫です。そうやってコミュニケーションしていると、いろんな方が返信がてらコメントをくださると思います(^▽^)/

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の海くしゃみ一回波に消ゆ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いします。

「くしゃみ」は冬の季語で、気になりにくいタイプの季重なりをしています。

それ以外は大きく気になるようなところはないですね。
(細かいところはありますが「褒めてください」なので言及しません)

引き続きいろいろ句作をしてみてくださいね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひよつこりとビルの影から運動会

作者名 なおじい 回答数 : 16

投稿日時:

工事中道幅狭し晩夏光

作者名 柴崎恵子 回答数 : 2

投稿日時:

向日葵に止まる一匹警告色

作者名 いくたドロップ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の海くしゃみ一回波に消ゆ』 作者: わわわ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ