俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

早朝や秋風過ぎ行く扉の隙間

作者 塚本夏樹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

変えたらいいところ・その理由を出来るだけ多くしていただき
その点を生かした改善句を教えてください。

最新の添削

「早朝や秋風過ぎ行く扉の隙間」の批評

回答者 なおじい

塚本夏樹さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

変えたらいいところは、まずはご自身のコメントだと思います。この句はどういうことを言いたいのかを述べて、それが伝わるでしょうか?としたほうが皆さんからコメントもらえますよ。今のままでは、あなたが何をおっしゃりたいのかわからないから、評価のしようがありません。

例えば、「爽やかで気持ちがいいと思っていた秋の風も、早朝の隙間風は肌寒いと思うようになってきた、という感慨を詠んだ句です。それが伝わるかどうか、ご意見ください」というような感じですね。これなら皆さん、色々と感じたことをおっしゃってくださいますよ。

今回はそれがないので形式的なことだけになります。
俳句ですので五七五に収めましょう。現在は「扉」を無理やり「と」と読んでも中八になっています。

げばげばさんが先にコメントをなさっていますが、大変わかりやすいのでよくご覧になってください。

私の提案句としては、

・早朝の灯明揺らす隙間風

これはあまりいい句とは言えませんが、私の言いたいのは、例えばこの句を「ある朝、仏壇にあげたお灯明が隙間風に揺れているのを見て冬の訪れを感じて詠みました。ご意見をお願いします」とコメントを付けて投稿すると、皆さんから「説明っぽい」「共感しました」「類想だ」「いいですねー」「散文的」等のご評価がいただけます。勉強になりますよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「早朝や秋風過ぎ行く扉の隙間」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして。げばげばと申します。

初めて詠まれるのでしょうか?この句は何かに使うのでしょうか?
「直したらいいところを多くしていただき」ということですが、どのような句意を届けたかったかをコメントでお書きいただいて、添削よろしくお願いします。という感じであれば、もっと他の訪問される方も期待できるかもしれませんね。みなさん実生活でお忙しい仕事を抱えている中、コメントを置いてくださっている人ばっかりなのでいつもありがたい限りと感謝の思いでいっぱいです(^▽^)/

推察するに、早朝の扉の隙間風ということでしょうか。
今は俳句では冬の時期に入っていて、「隙間風」という季語があります。
「風過ぎ行く扉の隙間」13音を「隙間風」と表せるので、この句は「早朝の隙間風」と言い換えることができます。残り7音で何を表しましょう。
また、5・8・7になるのでしょうか?「そうちょうやあきかぜすぎゆくとびらのすきま」まずは17音で詠みたいですね。

むすめ嫁ぎて早朝の隙間風
早朝の恩師の訃報すきま風

いくつかベタな例を挙げてみました。いかがでしょうか。どういう場面の隙間風かによって、読み手は想像を膨らませると思います。今は、朝に風が入りこんできているだけになり、それ以上を思い浮かべることができません。ぜひいろいろ推敲してみてください(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「早朝や秋風過ぎ行く扉の隙間」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

塚本夏樹さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

変えたらいいところは、まずはあなたのコメントだと思います。この句はどういうことを言いたいのかを述べて、それが伝わるでしょうか?としたほうが皆さんからコメントもらえますよ。今のままでは、あなたが何をおっしゃりたいのかわからないから、評価のしようがありません。

例えば、「爽やかで気持ちがいいと思っていた秋の風も、早朝の隙間風は肌寒いと思うようになってきた、という感慨を詠んだ句です。それが伝わるかどうか、ご意見ください」というような感じですね。これなら皆さん、色々と感じたことをおっしゃってくださいますよ。

今回はそれがないので形式的なことだけになります。
俳句ですので五七五に収めましょう。現在は「扉」を無理やり「と」と読んでも中八になっています。

げばげばさんが先にコメントをなさっていますが、大変わかりやすいのでよくご覧になってください。

私の提案句としては、

・早朝の灯明揺らす隙間風

これはあまりいい句とは言えませんが、私の言いたいのは、例えばこの句を「ある朝、仏壇にあげたお灯明が隙間風に揺れているのを見て冬の訪れを感じて詠みました。ご意見をお願いします」とコメントを付けて投稿すると、皆さんから「説明っぽい」「共感しました」「類想だ」「いいですねー」「散文的」等のご評価がいただけます。勉強になりますよ。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

待ちわびて八重かと思ふ十重二十重

作者名 ラクシア 回答数 : 1

投稿日時:

秋時雨再放送の時代劇

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

米軍がもみ殻の如く地を踏む

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『早朝や秋風過ぎ行く扉の隙間』 作者: 塚本夏樹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ