俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

戯れに儚き蝶の宵闇

作者 ミュー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蝶と夜をテーマに作ってみました

最新の添削

「戯れに儚き蝶の宵闇」の批評

回答者 腹井壮

ミューさん、おはようございます。腹胃壮と申します。はじめまして。俳句は虚と実の駆け引きのようなところもあるのですが現実の夜の蝶というのはどうもイメージし難いのです。ベンさんと同じくススキノや国分町あるいは錦糸町などで働くお姉さん達を例えた句だと解釈しました。すると戯れは不要であり季重なりは一つにまとめて

宵闇の蝶は儚く羽ばたけり

これでいい匂いのする夜のお姉さん達をそれなりにイメージできると思います。ちなみに私が申し上げた地名にはあまり馴染みがありません。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「戯れに儚き蝶の宵闇」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして
めいたんていのハオニーです(

これはまず、全部合わせても16音しかないのです
たわむれに/はかなきちょうの/ゆうやみ
これでは五七四です
「ちょ」で一音なのです

「戯れに儚き」をどのように解釈すべきか悩みました
多くの方は「どういう意味?」と気になってしまいます

偉そうに説明していますが、どのような句にしようとしていたか分からないので、私が手を入れることは出来ないのです...

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「戯れに儚き蝶の宵闇」の批評

回答者 ベン

初めまして ベンと申します

感想

戯れに と 儚き 2つの状態が重なってて一瞬分かりにくさを感じましたが、
蝶自身は楽しげに「戯れに」
その姿をみたミューさんは儚く感じたのだろう…と。

もしかして違っているかもしれませんが、
夜の蝶といえば、キャバ嬢のことを歌っているのかな?とも疑問に思いました!

最後は、よいやみ?でしょうか。
十七音の心地良さ、感じたかったです!

点数: 1

添削のお礼として、ベンさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

六つの花指で抉りて飴を置く

作者名 めい 回答数 : 3

投稿日時:

冬の夜や銚子を振ればひとしづく

作者名 久田しげき 回答数 : 5

投稿日時:

春昼や軒に干さるゝ雨合羽

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『戯れに儚き蝶の宵闇』 作者: ミュー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ