俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天高し脳死は死か問う小説

作者 白南風と黒南風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大学生が勉強で、社会学系の小説を読んでいるとします。

最新の添削

「天高し脳死は死か問う小説」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。白南風様、いつもお世話になってます。
御句、すみませんがよくわかりません。
どなたもコメントなさらないので気になって仕方ないので、わからないながらも提案句を置かせていただきます。

・秋深し問ふや脳死は死か否か

なんだかテーマが深刻なので、季語を「天高し」よりも「秋深し」にしましたが、「それがよくない!」と言われそうな気もします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

名古屋場所小刻みゆるぐ団扇かな

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

座禅する広間にかすか青葉風

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

秋桜やフォークダンスのあの子の手

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天高し脳死は死か問う小説』 作者: 白南風と黒南風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ